TypeC搭載!iPhone15シリーズが来た!iPhone14とどう違う?

こんにちは!iPhone15が発表されましたね!

今回はiPhone14とiPhone15でどのような違いがあるのか比較してみます!

LightningからTypeCに

何と言っても旧世代との大きな差は初めてTypeC端子が搭載されたこと!

これまでのLightningからTypeCに変更されたことで、ついにガジェット類TypeCコード1本化も夢ではなくなりました。

しかし、せっかくTypeC端子が搭載されたもののiPhone15無印では転送速度は相変わらずの2.0のようです。iPhone15ProではUSB3.0の高速データ転送などが利用できるためiPhone15Proシリーズを選ぶ理由がまた1つ増えた気がしますね。

CPUはiPhone14Proに搭載していたA16 Basic搭載

iPhone15無印には前回の上位機種だったiPhone14Pro以降に搭載されていたA16 Basicを搭載しています!

iPhone13以前のように無印もProも最新のCPUが搭載されているというわけではなくなってしまいました。※iPhone15ProはA17 Basic搭載

Proシリーズ限定だったDynamic Island機能搭載

iPhone15無印ではDynamic Islandも搭載されます!

前回はProシリーズにしかなかった機能が降りてくるのは大きいですね!

最後にiPhone14と価格を比較

現在iPhone14無印の価格は11万2800円、最初は11万9800円でした。

今回発表されたiPhone15無印はiPhone14無印よりも5000円ほど値上がりした形になります。

ですが機能面も大きく一新されており、円安も進んでいる中でこの価格はかなり攻めたほうではないかなと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました